未承認とはどういう事?

韓国のカラコンについて、「未承認」だから危険だという情報を聞いたことがある方もいるかもしれません。では、この「未承認」とはどういうことなのでしょうか。未承認というのは、厚生労働省で高度管理医療機器として承認してもらえていないということを指します。高度管理医療機器というのは、万が一不具合が生じたときに、人体へ与えるリスクが高い医療機器のことです。

昔はカラコンというのはオシャレアイテムとして扱われていたために、高度管理医療機器では無かったのですが、カラコンによるトラブルが続出したために、視力矯正をするコンタクトレンズと同様に高度管理医療機器とされるようになったのです。少し前に、この韓国から輸入された未承認カラコンによって、様々なトラブルが起こったことがありました。そのことから、韓国の未承認カラコンは危険だという認識が生まれたのです。

では、現在はどうなのでしょうか。日本で販売されているカラコンは、承認されたものしか販売できない法律になっていますので、韓国産であっても基本的には問題ありません。そして韓国でも、日本と同様にKFDA(韓国食品薬品安全庁)という国家機関があり、ここで認証されたものであれば問題なく使用できると言えます。そのため、韓国カラコンを使用するときには、KFDAの承認が確認できるのであれば大丈夫であると言えます。フォーチュンコンタクト